虚血性大腸炎(ischemic colitis)

≪病態≫

結腸動脈分枝末端の閉塞、狭窄により、腸粘膜が広範囲に虚血壊死を示す。

≪原因≫

基礎疾患として高血圧、動脈硬化、糖尿病が多い。便秘が誘因となる。

≪症状≫

左側結腸の脾彎曲部、下行結腸、S状結腸に多い。血便、訥弁の腹痛。テネスムス。

≪検査≫

下部消化管内視鏡にて、粘膜浮腫、暗赤色の膨隆。健常部との境界は明瞭。

注腸造影にて、thumb printing像。

≪治療≫

内科的に、安静、輸液、絶食することで軽快する。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…