虚血性大腸炎(ischemic colitis)

≪病態≫

結腸動脈分枝末端の閉塞、狭窄により、腸粘膜が広範囲に虚血壊死を示す。

≪原因≫

基礎疾患として高血圧、動脈硬化、糖尿病が多い。便秘が誘因となる。

≪症状≫

左側結腸の脾彎曲部、下行結腸、S状結腸に多い。血便、訥弁の腹痛。テネスムス。

≪検査≫

下部消化管内視鏡にて、粘膜浮腫、暗赤色の膨隆。健常部との境界は明瞭。

注腸造影にて、thumb printing像。

≪治療≫

内科的に、安静、輸液、絶食することで軽快する。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…