蛋白データーベース

概要

蛋白質に関する構造、相互作用を文献情報等をもとに蓄積。蛋白名の他、アクセッションナンバーや染色体上の位置などからも検索できるシステム。

おなじみ

NCBI database

の他、

human protein reference database

もすごくまとまっていて使いやすい(岡藤先生に教えていただきました)。

All in one seq analyzer

は蛋白もしくはDNAシークエンスをいれると、あとは自分がやりたいアナリシスに応じてボタンをクリックするだけで、 いろいろなデーターベースを利用することが出来るすぐれもののweb上のソフトウエア。

分子生物学ツール集

もすごく揃っていて便利。

最近できたタンパク相互作用が簡単に調べられる STRING

も便利です。Cytoscapeもいらないかも。

建設中です

他にもありましたら是非おしえてください!

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…