カフェインと流産

「一日に2杯以上コーヒーを飲む妊婦は、飲まない人に比べて、流産の危険性が2倍になる。」という研究結果を、2008年1月21日、米国最大の会員制医療組織「カイザー・パーマネント」の研究チームが、アメリカ産婦人科ジャーナルに発表した。1996年10月-1998年10月にカリフォルニア州サンフランシスコの1063名の妊婦を母集団にし、一日に200mg(コーヒー2杯分)を摂取した妊婦は、カフェインを摂らない妊婦と比べて自然流産する割合が2倍になった。コーヒーだけでなく紅茶などを通じてカフェインを摂取した妊婦も流産の危険性が高まったため、カフェインを原因物質であると結論付けられた。推定される機序としては、カフェインが胎盤の血流減少を引き起こすことなどが挙げられている。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…