間質性膀胱炎

≪病態≫
膀胱壁の間質に不明の機序により炎症がが起こったもの。
摂取した刺激物が尿中に排泄されることにより、悪化すると考えられている。

≪症状≫
頻尿、排尿困難、膀胱痛(排尿時通)

≪治療≫
根治的な治療法は見つかっていないが、対症的療法として膀胱鏡下水圧拡張術が施行されている。
水圧拡張術では膀胱に水圧をかけることで炎症によって拡張能の低下した壁を広げ、症状を和らげるものである。効果は永久に続くわけではない。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…