KALLMANN症候群

定義
遺伝子疾患のひとつで、嗅覚低下と低ゴナドトロピン性腺機能低下を伴う疾患

機序
嗅球形成不全とGnRhの合成不全が見られる。
GnRhは分泌されないが成長ホルモンは生成されているため
身長などの成長には異常はみられないが、第二次性徴がみられない。

治療
男性ではhCGの投与
女性の場合はKaufmann療法を行う。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…