KALLMANN症候群

定義
遺伝子疾患のひとつで、嗅覚低下と低ゴナドトロピン性腺機能低下を伴う疾患

機序
嗅球形成不全とGnRhの合成不全が見られる。
GnRhは分泌されないが成長ホルモンは生成されているため
身長などの成長には異常はみられないが、第二次性徴がみられない。

治療
男性ではhCGの投与
女性の場合はKaufmann療法を行う。

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…