KALLMANN症候群

定義
遺伝子疾患のひとつで、嗅覚低下と低ゴナドトロピン性腺機能低下を伴う疾患

機序
嗅球形成不全とGnRhの合成不全が見られる。
GnRhは分泌されないが成長ホルモンは生成されているため
身長などの成長には異常はみられないが、第二次性徴がみられない。

治療
男性ではhCGの投与
女性の場合はKaufmann療法を行う。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…