KALLMANN症候群

定義
遺伝子疾患のひとつで、嗅覚低下と低ゴナドトロピン性腺機能低下を伴う疾患

機序
嗅球形成不全とGnRhの合成不全が見られる。
GnRhは分泌されないが成長ホルモンは生成されているため
身長などの成長には異常はみられないが、第二次性徴がみられない。

治療
男性ではhCGの投与
女性の場合はKaufmann療法を行う。

注目の記事

遺伝子解析ソフトウエア

定義 遺伝子研究を行う際のツール。プラスミド作成、プライマー作成、DNAシークエンス等で欠かせないソフトウエア。最近ではフリーのものも多く出回るようになってきた。またこれまではMac環境でないとつか …続きを読む…