スポーツ傷害と処置

スポーツ傷害と処置

スポーツ専門外来では、筋肉、肩の炎症・捻挫、靭帯、半月板、軟骨の怪我が多い。
運動を続けると、内出血腫れが増強し、血液やリンパの巡回障害を起こす。

■発育期のスポーツ障害

 成長期の骨には成長する骨端線がある。骨が柔らかく、繰り返す外力に弱い
 筋肉や腱は柔らかいが、付着している骨の剥離骨折が起こりやすい
 使いすぎによるスポーツ障害に注意(疲労骨折など)
 運動前後のストレッチングが障害予防に有効である。
 筋腱炎の治療として、運動負荷の軽減とストレッチングを行う

■外傷の救急処置

足関節捻挫は5%後遺症を残し、よく起こる怪我。
応急処置によって治療期間が確実に短縮。(冷やして心臓より挙上。1/2になる。)

 RICE処置(内出血や腫れを最小限に食い止める)

 R:Rest 安静

 I:Ice 氷で冷やす
 C:Compression 圧迫
 E:Elevation 心臓より高く挙上する

■治療

・競技活動の制限 スポーツ中止させないこと
・リハビリ PT,OT
・装具療法 靴の中敷、固定装具、ギプス、テーピング
・薬物療法 内服、湿布、軟膏、注射
→効果なかったら手術療法

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…