赤血球破砕症候群

《概念》
本症は、狭窄した血管腔ないし血栓形成部位を赤血球が通過する際に、赤血球が物理的に破壊される症候群で、血管内溶血を生じる。
《原因》
・人工弁置換後
・微小血管障害性溶血性貧血
《検査》
破砕赤血球・奇形赤血球が末梢血中に多数出現する。

注目の記事

原発性閉塞隅角緑内障

関連ページ 緑内障 Stage分類と診断方法、診断基準、治療方針(試案2005年10月) Stage分類 PACS(primary angle closure suspect):原発閉塞隅角(症) …続きを読む…