赤血球破砕症候群

《概念》
本症は、狭窄した血管腔ないし血栓形成部位を赤血球が通過する際に、赤血球が物理的に破壊される症候群で、血管内溶血を生じる。
《原因》
・人工弁置換後
・微小血管障害性溶血性貧血
《検査》
破砕赤血球・奇形赤血球が末梢血中に多数出現する。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…