タモキシフェン

抗エストロゲン薬。 エストロゲン依存性の悪性腫瘍の治療薬。 これにより、網膜神経節細胞の軸索が変性、その変性物が神経細胞層などに 沈着する。

≪網膜障害≫ 総投与量100gをこえると、網膜下に白色沈着物、嚢胞様黄斑浮腫網膜色素上皮障害 を起こす。 視力低下、色覚異常が発生する。

≪診断≫ 病歴、治療歴。 眼底所見などから総合的に判断する。

≪治療≫ 薬物中止。 視機能は改善しないことも多い。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…