進行性気腫性嚢胞

〈概念〉

両肺尖部にできた多発性の嚢胞(ブラ)が次第に大きくなり、健常肺を圧排・縮小させるため、進行性の労作時呼吸困難を呈する疾患である。健常肺が徐々に縮小し、あたかも消えてゆくようにみえるため、vanishing lungと呼ばれる。

〈症状〉

・数年の経過で、無症状から徐々に労作時呼吸困難がみられる。

〈検査〉

・胸部Xp:肺紋理のない嚢胞状の透過性亢進領域と、正常肺の縮小・圧排像がみられる。

〈治療〉

まず、対症療法(抗生物質、去痰薬、体位ドレナージなど)※巨大気腫性嚢胞では、胸腔ドレナージは禁忌!(医原性の気胸を起こす)

心症状()自然気胸をくり返す症状がみられたときは、嚢胞の外科的治療を考慮する。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…