統合失調症

DSM-5では、①幻覚、②妄想、③解体した会話、④カタトニア、⑤陰性症状 のうち①~③から1つを含む2つを満たすことが診断基準となっている。妄想型、などの下位分類は廃止された。
治療はクロルプロマジンやハロペリドール。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…