統合失調症

DSM-5では、①幻覚、②妄想、③解体した会話、④カタトニア、⑤陰性症状 のうち①~③から1つを含む2つを満たすことが診断基準となっている。妄想型、などの下位分類は廃止された。
治療はクロルプロマジンやハロペリドール。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…