統合失調症

DSM-5では、①幻覚、②妄想、③解体した会話、④カタトニア、⑤陰性症状 のうち①~③から1つを含む2つを満たすことが診断基準となっている。妄想型、などの下位分類は廃止された。
治療はクロルプロマジンやハロペリドール。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…