統合失調症

DSM-5では、①幻覚、②妄想、③解体した会話、④カタトニア、⑤陰性症状 のうち①~③から1つを含む2つを満たすことが診断基準となっている。妄想型、などの下位分類は廃止された。
治療はクロルプロマジンやハロペリドール。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…