飛蚊症

蚊などが飛んでいるような、黒い影が浮遊して見える状態をいう。硝子体腔中の出血、混濁が網膜に陰を落とすために生じる。角膜や水晶体の混濁では起こらない。

臨床


  • 飛蚊症の種類として、生理的飛蚊症と病的飛蚊症がある。
  • 生理的飛蚊症は、硝子体の液化により起こるもので、進行すると後部硝子体剥離を起こす。加齢、強度近視、網膜色素変性によって液化が進行する。
  • 病的飛蚊症は、光視症を伴う網膜剥離、硝子体混濁を伴うぶどう膜炎、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などによる硝子体出血が原因となっておこる。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…