Bornholm 病(流行性筋痛症)

コクサッキーB群ウイルスによって起こる疾患で,小児に多い.かぜ様の症状で始まるが,発熱と激しい発作性の胸筋痛が起こる.また,前腹壁筋の疼痛をも伴うこともしばしばである.体動,咳嗽,呼吸などによって筋肉痛は増強される.肩,頚,肩甲部に疼痛が放散することがある.筋の圧痛は著明ではないが,同部の皮膚の知覚過敏や異常知覚をみる場合がある.時に,胸膜炎を伴う場合があり,胸水からコクサッキーウイルスが培養されたことがある.疼痛が激しいので心筋梗塞や急性腹症などとの鑑別をしなければならない.3〜7日で一般には回復するが,再発例もある.病初期には,髄膜炎,心筋炎,あるいは肝炎を合併することがある.また,再発時には,精巣炎を伴うことがある.このウイルスに有効な薬剤はないので,対症療法である.

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…