Chiari-Frommel症候群

1852年Chiari,Braum,Speathが初めて報告し,その後1852,1855年にFrommelが強調したもので,産褥後の授乳が長期間持続し,無月経を伴うもので,他の器質的な疾患を合併しないもの

【参考文献】
臨床産婦人科 30巻11号 pp. 878-883
広井 正彦1
1山形大学医学部産科婦人科学教室

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…