Chiari-Frommel症候群

1852年Chiari,Braum,Speathが初めて報告し,その後1852,1855年にFrommelが強調したもので,産褥後の授乳が長期間持続し,無月経を伴うもので,他の器質的な疾患を合併しないもの

【参考文献】
臨床産婦人科 30巻11号 pp. 878-883
広井 正彦1
1山形大学医学部産科婦人科学教室

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…