IgA腎症

〈概念〉

メサンギウム増殖およびメサンギウム領域にIgAのびまん性沈着がみられる原発性糸球体腎炎。

本症は顕微鏡的血尿が慢性的にみられる慢性腎炎症候群型と、感冒などの発熱時ないしその後の肉眼的血尿を呈し、急性腎炎様に経過する型がある。

わが国の原発性糸球体腎炎の3040%強を占め、最も多い。

〈好発〉

1020歳(男性に多い)

〈症状〉

上気道感染、腸炎などの後(数日以内)に、肉眼的血尿を示したり、たまたま健康診断で、顕微鏡的血尿を指摘される(無症候性血尿)

〈検査〉

血清IgA↑(約50%)、血清補体価正常

腎生検で、メサンギウム領域にIgA優位の沈着がみられる(蛍光抗体法)

〈治療〉

:血圧コントロールが最も重要

1.   高血圧のとき:降圧薬(ACE阻害薬、ARB

※高K血症合併時のACE阻害薬の使用は禁忌!

2.   血尿のみが主症状のとき:過激な運動、労働を制限

大量の蛋白尿、腎機能低下をきたしたとき:抗血小板薬、抗凝固薬、ACE阻害薬、ARB、ステロイドなどを投与する。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…