QT短縮症候群

QTの短縮によって致死性不整脈(心室頻拍(VT)や心室細動(VF))が引き起こされる疾患。発症機序は不明であり、突然死よ原因として近年注目されつつある。


臨床


  • めまい、失神、心停止などを引き起こす。
  • 心電図では著名なQT間隔の短縮(≦300ms)、高いT波がみられる。
  • なんらかの原因により続発性に発症する後天性QT短縮症候群と、常染色体優性遺伝の遺伝性疾患である先天性QT短縮症候群とがある。

治療


  • QT時間を延長させる硫酸キニジンが用いられるが、その有効性は不明である。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…