もやもや病(Moyamoya-disease)

≪病態≫

Willis動脈輪に狭窄が両側性にみられ、側副血行路として小動脈の拡張がみられる。

≪疫学≫

日本人に多い。

≪症状≫

小児と成人で発症形式が異なる。

小児:過呼吸時などに一過性の脳虚血症状をきたす。(運動麻痺、言語障害、痙攣)

成人:小動脈の破綻による、くも膜下出血、脳出血で発症する。

≪検査≫

両側内頚動脈、椎骨動脈造影:ACAMCAの狭窄を認め、もやもや血管がみられる。

頭部MRI:もやもや血管がflow voidとなる。

脳波:過呼吸でbuild upre-build upがみられる

≪治療≫

バイパス術として、SMA-MCA(浅側頭動脈-中大脳動脈)吻合術がある。外頸動脈系である浅側頭動脈から中大脳動脈に血流を流す。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…