大動脈バルーンパンピング(IABP:intraaorta balloon pumping)

心機能低下などにより心拍出量が低下し、末梢循環障害がみられるときに心機能を補助する目的で使われる装置。
≪適応≫
心臓の拡張期にバルーンが拡張することにより冠血流量を増加し、収縮期にはバルーンが収縮することにより後負荷を軽減する。心筋症や心筋梗塞などによる心不全で適応となる。
≪禁忌≫
大動脈弁閉鎖不全症は冠血流の減少を招くため、大動脈瘤、大動脈解離では物理的な壁の圧迫により破裂のリスクを増加させるため、禁忌となる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…