塩酸チオリダジン

精神分裂病に使用される向精神薬。 網膜色素上皮や脈絡膜のメラニン色素と強力に結合し、障害する。 1日投与量に依存する。1日使用量が800mgを超えると発症しやすい。

≪症状≫ 霧視、色覚異常、昼盲から始まり、視力低下、視野狭窄と進行する。

≪診断≫ 病歴、薬物使用歴。 眼底所見は、初期は色素反が出現し、進行すると網膜色素上皮委縮、 網膜血管の委縮、視神経委縮となる。 ERGでは初期には正常、振興すると錐体、杆体ともに傷害されるため 消失型となる。 EOGも、進行記には著名に悪化する。

≪治療≫ なるべく長期投与を避ける。 明らかな場合は原則的に中止。 しかし、網膜障害は回復しない。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…