塩酸チオリダジン

精神分裂病に使用される向精神薬。 網膜色素上皮や脈絡膜のメラニン色素と強力に結合し、障害する。 1日投与量に依存する。1日使用量が800mgを超えると発症しやすい。

≪症状≫ 霧視、色覚異常、昼盲から始まり、視力低下、視野狭窄と進行する。

≪診断≫ 病歴、薬物使用歴。 眼底所見は、初期は色素反が出現し、進行すると網膜色素上皮委縮、 網膜血管の委縮、視神経委縮となる。 ERGでは初期には正常、振興すると錐体、杆体ともに傷害されるため 消失型となる。 EOGも、進行記には著名に悪化する。

≪治療≫ なるべく長期投与を避ける。 明らかな場合は原則的に中止。 しかし、網膜障害は回復しない。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…