腫瘍染色体異常データーベース

概要

癌の原因として染色体異常は数少なからず報告されており、例えばCMLにおけるフィラデルフィア染色体などの例は有名である。 この腫瘍に伴う染色体異常をデーターベース化したもののなかで、最大級のものが、Felix MitelmanらによるMitelman Database of Chromosome Aberrations in Cancer であり、約5万件のケースを分析しデータベース化している。

参考文献

Nat.Genet. 36, 331-34, 2004

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…