腫瘍染色体異常データーベース

概要

癌の原因として染色体異常は数少なからず報告されており、例えばCMLにおけるフィラデルフィア染色体などの例は有名である。 この腫瘍に伴う染色体異常をデーターベース化したもののなかで、最大級のものが、Felix MitelmanらによるMitelman Database of Chromosome Aberrations in Cancer であり、約5万件のケースを分析しデータベース化している。

参考文献

Nat.Genet. 36, 331-34, 2004

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…