クリプトスポリジウム症(cryptosporidiosis)

1、原因
クリプトスポリジウム(Cryptosporidium parvum)による。

2、疫学
感染経路はオーシストで汚染された水や食物を接触して感染する。
潜伏期間は4~10日である。
宿主はヒトだけでなく様々な野生動物である。
象徴粘膜に感染し増殖する。糞便中にオーシストが排泄される。

3、症状
水溶性下痢、腹痛を発症。
健常人では1~2日で自然治癒するが免疫不全状態では下痢が重篤化する。

4、診断
糞便中のオーシストを検出する。

5、治療
基本的に対症療法で、脱水にならないように注意する。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…