選択的セロトニン再取り込み阻害薬


薬理作用
セロトニン再取り込み阻害作用により、神経終末端のセロトニン濃度を上昇させ抗うつ作用を示す。

薬剤
フルボキサミン
パロキセチン
セルトラリン

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…