インスリノーマ

〔概念〕
膵島β細胞の腫瘍。40~60代に好発し、若年の場合は、MEN1の可能性がある。
〔症状〕
Whippleの3徴候
①空腹時の低血糖
②低血糖症状
③糖分摂取により速やかに改善
また、低血糖症状としては、以下のようなものがある。
中枢神経機能低下→意識障害、けいれん、複視、もうろう状態、傾眠など
交感神経刺激→心悸亢進、頻脈、振戦、皮膚蒼白、冷汗
低血糖が慢性化することにより、精神症状、記憶障害、知能障害、性格変化、行動異常などが生じることもある。
〔検査〕
代表的な所見
①血糖値:≦40mg/dl
②低血糖時のIRI:≧6μU/m
③Cペプチド:≧0.6ng/ml
④SU薬などの低血糖を起こす薬剤の未使用
⑤インスリン自己抗体・インスリン受容体抗体(-)
負荷試験
①Cペプチド抑制試験:インスリンの持続注射→Cペプチド分泌が正常に抑制されるかどうかを見る。
②72時間絶食試験:インスリン・Cペプチド分泌が正常に抑制されるかどうかを見る。ただし、血糖値が45mg/dl以下になったら危険なので中止する。
腫瘍の局在検査
①超音波検査
②選択的Ca動脈内注射、肝静脈サンプリング:膵頭部または膵体尾部の動脈にCaを注入し、肝静脈採血で、インスリン分泌増加を確認し、腫瘍の位置を同定する。
〔治療〕
①摘出可能な場合は、腫瘤核摘出または肝静脈サンプリング
②悪性で摘出不可能な場合は、内科的治療(ストレプトゾシンなど)を行う。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…