コロラドダニ熱

概要
コロラドダニ熱は、マダニの1種に噛まれて伝染するウイルス感染症である。この種のダニはモリダニと呼ばれ、アメリカでは通称ロッキーマウンテン・ウッドチック(モリダニ)と呼ばれる。コロラドダニ熱は、アメリカでは「モリダニ熱」または「アメリカ・モリダニ熱」と呼ばれることもある。
疫学
コロラドダニ熱は、コロラドで最もよく見られ、米国西部とカナダ以外で起こることはありません。コロラドダニ熱の発症率は、2月から10月に最も高く、90パーセントは、4月から7月に起きる。
症状
ダニに噛まれて3日から6日以内に、発熱、悪寒、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が起こる。ほとんどの場合、症状は10日以内に解消し、大部分の患者が完全に回復する。
その他の症状には
眼の奥の痛み
羞明
筋肉痛
皮膚の痛み
食欲不振
腹痛
全般的な脱力感と疲労感
時折見られる軽い発疹などがある。

合併症としては、髄膜炎、脳炎および出血熱などがある。コロラドダニ熱で死亡することはまれである。
診断
補体結合検査、免疫蛍光検査、ポリメラーゼ連鎖反応法などが行われる。

治療
ほとんどの場合、治療は解熱剤と鎮痛剤を用いた対症療法である。


注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…