胸腺腫(thymoma)

〈概念〉

胸腺の上皮細胞から発生した腫瘍。

前縦隔腫瘍の1535%を占め、成人の前縦隔腫瘍の中でも最も多い。

組織型的には良性であるが、臨床像はしばしば悪性を示し、浸潤・播種が起こる。

組織学的に明らかな悪性を示すものは胸腺癌として別に扱われる。

〈好発〉

50歳代

〈症状〉

圧迫症状:胸部圧迫感、息切れ、咳嗽

重症筋無力症:筋力低下、眼瞼下垂、複視

〈検査〉

胸部Xp、胸部CTMRI像で前縦隔に腫瘤像を認める。

〈治療〉

基本的に外科的切除を行う。

切除可能な場合、胸腺腫摘出術(胸腺全摘術)を行う。放射線療法や化学療法を加えることもある。

切除不可能な場合、放射線療法や化学療法を行う。

※重症筋無力症を合併する場合、拡大胸腺摘出術を行う。

 

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…