軟性線維腫

結合組織系の良性腫瘍である。
アクロコルドンと懸垂性線維腫に分けられる。
表面に皺襞を有する軟らかい常色または褐色小腫瘍で、有茎性であることが多い。

臨床


  • 中高年の頸部、腋窩、前胸部、鼠径部に多発する。
  • 表面に皺襞を有する、軟らかい常色または褐色の結節〜腫瘤で、有茎性であることが多い。
  • 直径1〜数mm程度で多発する、常色〜褐色の有茎性丘疹をアクロコルドンと呼ぶ。
  • 体幹下部に好発する、直径1cmを超える下垂性の腫瘤を懸垂性線維腫と呼ぶ。

病理


  • 表面は乳頭状で、真皮では粗な膠原線維からなる結合組織が増生している。
  • 大きなものでは腫瘍内部に脂肪組織を含む。

診断


  • 脂漏性角化症との鑑別診断を要する。脂漏性角化症の場合、過角化を伴う。
  • 小さいものは臨床的鑑別が困難なこともある

治療


  • 茎の基部を切除する。
  • 小さいものは凍結療法を行う。

経過・予後


  • 良好だが、追発性に経過することも多い。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…