サイロキシン

サイロキシンは甲状腺ホルモンの一種であり、甲状腺濾胞内においてサイログロブリンとヨードから合成される。甲状腺外におけるサイロキシンのうち遊離しているのはわずか0.01%で、残りは全てアルブミンなどのタンパク質と結合して存在しているが、細胞内に入ることができるのは遊離サイロキシンだけである。

体内におけるサイロキシンの半減期は8日間であり、成人の一日サイロキシン産生量は80μgである。
サイロキシンの標的臓器は全身の細胞であり、代謝促進の働きをする。
トリヨードサイロニンと比べて存在量は多いが薬理作用は弱い。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…