サイロキシン

サイロキシンは甲状腺ホルモンの一種であり、甲状腺濾胞内においてサイログロブリンとヨードから合成される。甲状腺外におけるサイロキシンのうち遊離しているのはわずか0.01%で、残りは全てアルブミンなどのタンパク質と結合して存在しているが、細胞内に入ることができるのは遊離サイロキシンだけである。

体内におけるサイロキシンの半減期は8日間であり、成人の一日サイロキシン産生量は80μgである。
サイロキシンの標的臓器は全身の細胞であり、代謝促進の働きをする。
トリヨードサイロニンと比べて存在量は多いが薬理作用は弱い。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…