尋常性白斑

尋常性白斑(vitiligo vulgarisとは、後天的に発症する白斑で、抗メラノサイト抗体による自己免疫性疾患あるいは、局所自律神経障害によるものと考えられており、境界明瞭な完全脱失性白斑を認める。合併症としては、甲状腺炎による甲状腺機能亢進症やアジソン病、悪性貧血などの自己免疫性疾患を合併することがある。

白斑病変に対してはPUVA療法、ナローバンドUVB療法が有効で、ステロイド外用も行われる。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…