尋常性白斑

尋常性白斑(vitiligo vulgarisとは、後天的に発症する白斑で、抗メラノサイト抗体による自己免疫性疾患あるいは、局所自律神経障害によるものと考えられており、境界明瞭な完全脱失性白斑を認める。合併症としては、甲状腺炎による甲状腺機能亢進症やアジソン病、悪性貧血などの自己免疫性疾患を合併することがある。

白斑病変に対してはPUVA療法、ナローバンドUVB療法が有効で、ステロイド外用も行われる。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…