ブドウ球菌熱傷様皮膚症候群(SSSS:staphylococcal scalded skin syndrome)

《病態》
黄色ブドウ球菌の外毒素であるexofoliatinの直接作用またはアレルギー機序により、全身皮膚の発赤、腫脹および弛緩性水疱が急に発現する。
《疫学》
6歳以下。特に0~3歳に多い。
《症状》
眼・口周囲の発赤・放射状亀裂、Nikolsky現象(+)、好中球増加
《治療》
抗菌薬、必要に応じて補液などによる全身管理

注目の記事

救急医療のABC

救急医療のABC 救急医療の基本的な介入順序として重要なのが、 Airway management 気道確保 Breathing support 呼吸補助 Circulation stabiliza …続きを読む…