ペースメーカー(pace maker)

≪機序≫

不整脈などにより、心臓の同期的収縮や十分な心拍数が見られなくなくなった状態に対し、心房、心室に設置されたリードから電気的刺激を加えることで心収縮を改善し、心拍出量を増加する。

≪適応≫

拡張型心筋症、洞不全症候群、MorbizⅡ型A-Vブロック、2:1A-Vブロック

≪モード≫
ペースメーカーのモードはAAIVATなど、アルファベット3文字で表される。1文字目は刺激する部位であり、A:心房、V:心室、D:心室と心室の両方となっている。2文字目は自己波形を感知する部位であり、同様にAVDがある。3文字目は自己波形を感知した場合に刺激をどうするかであり、I:抑制、T:同期、D:両方がある。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…