妄想性障害(パラノイア)

臨床



  • 持続する妄想のみが症状としてみられる。統合失調症のような様々な病的体験や人格の解体は生じない。
  • 様々な年齢で発症しうるが、中年期以降に発症することが多い。安定した明確な妄想体系を呈する。被害妄想や嫉妬妄想などがみられるが、奇異な内容ではない。

治療


少量の抗精神病薬を用いる治療で軽快しうるが、中断すると再発しやすい。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…