妄想性障害(パラノイア)

臨床



  • 持続する妄想のみが症状としてみられる。統合失調症のような様々な病的体験や人格の解体は生じない。
  • 様々な年齢で発症しうるが、中年期以降に発症することが多い。安定した明確な妄想体系を呈する。被害妄想や嫉妬妄想などがみられるが、奇異な内容ではない。

治療


少量の抗精神病薬を用いる治療で軽快しうるが、中断すると再発しやすい。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…