妄想性障害(パラノイア)

臨床



  • 持続する妄想のみが症状としてみられる。統合失調症のような様々な病的体験や人格の解体は生じない。
  • 様々な年齢で発症しうるが、中年期以降に発症することが多い。安定した明確な妄想体系を呈する。被害妄想や嫉妬妄想などがみられるが、奇異な内容ではない。

治療


少量の抗精神病薬を用いる治療で軽快しうるが、中断すると再発しやすい。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…