妄想性障害(パラノイア)

臨床



  • 持続する妄想のみが症状としてみられる。統合失調症のような様々な病的体験や人格の解体は生じない。
  • 様々な年齢で発症しうるが、中年期以降に発症することが多い。安定した明確な妄想体系を呈する。被害妄想や嫉妬妄想などがみられるが、奇異な内容ではない。

治療


少量の抗精神病薬を用いる治療で軽快しうるが、中断すると再発しやすい。

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…