リンパ管炎

≪原因≫
急性のものは連鎖球菌によるものが多い。感染を繰り返し慢性化するものはブドウ球菌によるものが多い。
≪症状≫
感染源は、皮膚or粘膜の創傷や末梢部諸組織の化膿巣など。
侵入部付近に充血・腫脹・硬結⇒毛細リンパ管流域に網状の充血、浮腫
≪治療≫
原疾患を治療し、安静、高挙、湿布および抗菌薬治療で軽快する。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…