コンタクトレンズ

視力矯正器具としてのコンタクトレンズ

①素材による分類

ハードレンズ(HCL)

長所:寿命が長い。乱視補正機能が高い。濾胞性結膜炎を起こしにくい。

短所:異物感が強い。紛失しやすい。

ソフトコンタクト(SCL)

長所:異物感が少ない。

短所:寿命が短い。中長期(1週間~3ヶ月)装用タイプのディスポーザブルタイプは乳頭状結膜炎を起こしやすい。

②処方

コンタクトレンズはレンズ名、ベースカーブ(曲率半径)、パワー(度数)、サイズ(直径)で表記される。

トライアルレンズのベースカーブ:HCLでは、ケラトメーターで計測された強、弱主経線の中間値+0.05mmのレンズをまず装着して、フルオレセインパターンを見ながら調整する。SCLでは、強、弱主経線の中間値+0.1mmのトライアルレンズをまず装着する。

円錐角膜では、ケラトメーターで計算された値があまり参考にならない。いろいろなトライアルレンズを装用して滑らかな動きとなるカーブ、サイズを探す。

治療用コンタクトレンズ

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…