交感神経抑制薬

交感神経にはα1、α2、β1、β2の4つがある。
《交感神経の作用》
α1:血管収縮による昇圧作用
α2:中枢α2受容体を刺激し、交感神経を抑制する
β1:心臓のβ1受容体を刺激し、心拍数や心拍出量などの心機能を亢進する
β2:気管支拡張作用

交感神経抑制薬とはこれらの作用を抑制する薬剤である。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…