体腔上皮化生説

腹膜や卵巣の表層にある中皮細胞が子宮内膜に類似した組織に化生し、これが変異して子宮内膜症に至るという説。子宮内膜はMuller管を起源として発生し、Muller管と中皮細胞はともに胎生期体腔上皮に由来している。すなわち腹腔や卵巣の中皮細胞は発生学的に子宮内膜に近いため、何らかの原因によって中皮細胞は子宮内膜様組織に化生しうる。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…