偽性Bartter症候群

《概念》
慢性下痢や嘔吐、あるいはやせる目的で下痢や利尿薬(特にループ利尿薬)を乱用した場合、Bartter症候群と同様の症状を呈することがある。
《病態》
ループ利尿薬乱用の場合、Henleの太い上行脚のNa-K-2Cl共輸送体の機能が直接阻害されることにより、Bartter症候群と類似の症状を呈する。
《臨床像》
低K血症、代謝性アルカローシス、浮腫(-)
《診断》
病歴が重要。本人がループ利尿薬の乱用を隠している時は、尿中薬物濃度測定なども考慮。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…