偽性Bartter症候群

《概念》
慢性下痢や嘔吐、あるいはやせる目的で下痢や利尿薬(特にループ利尿薬)を乱用した場合、Bartter症候群と同様の症状を呈することがある。
《病態》
ループ利尿薬乱用の場合、Henleの太い上行脚のNa-K-2Cl共輸送体の機能が直接阻害されることにより、Bartter症候群と類似の症状を呈する。
《臨床像》
低K血症、代謝性アルカローシス、浮腫(-)
《診断》
病歴が重要。本人がループ利尿薬の乱用を隠している時は、尿中薬物濃度測定なども考慮。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…