先天性胆道拡張症

先天的に胆道が拡張する疾患である。多くは膵管胆道合流異常を合併しているが、外科的治療により、予後は極めて良好である。
後発は30歳までの若年女性で、黄疸、灰白色便、右上腹部鈍痛がみられる。また同じ部分に軟らかい腫瘤が認められる。腹部エコー、胆道造影で限局性の胆道拡張が確認されれば確定診断となる。
治療は胆管切除+胆道再建術(胆管・十二指腸吻合or胆管・空腸Roux-Y吻合or有茎空腸間置胆管・十二指腸吻合)で行う。また、のう胞壁は癌化しやすいので、のう腫切除も行う。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…