水晶体起因性ぶどう膜炎

≪病態≫ 外傷・白内障手術など、何らかの要因によって水晶体たんぱくが房水に流出、それがもとになり 炎症が発生する。

≪所見≫ 毛様充血、虹彩炎、角膜後面沈着物。高眼圧をきたすことが多い。 炎症が強い場合には、後眼部にも波及する。

≪治療≫ 水晶体たんぱくの除去を手術的に行う(前房洗浄) ステロイド点眼、内服。眼圧上昇があれば、β遮断薬点眼など。

≪鑑別≫ Toxic lenz syndrome , 過熟白内障による水晶体融解緑内障 交感性眼内炎など

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…