光視症

光が当たっていないのに、視野に光が飛んで見えたり、チカチカ、キラキラという光を感じる症状のことをいう。網膜、中枢神経の疾患が原因となる。

臨床

症状は瞬間的なこともあれば、持続することもある。光視症をきたす疾患として、網膜への物理的刺激を伴う疾患と、中枢性の疾患とがある。網膜への物理的刺激を伴う疾患としては、網膜剥離、網膜裂孔、後部硝子体剥離、糖尿病網膜症など、中枢性の疾患としては、片頭痛の閃輝性暗点などが挙げられる。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…