脳梗塞(cerebral infarction)

≪病態≫脳動脈の閉塞により、その灌流域が虚血となるために組織が壊死するもの。

≪分類≫

ラクナ梗塞:1.5cm以内の病巣。

心原性梗塞:心疾患を基礎に持ち、心臓にて産生された血栓による梗塞。

アテローム血栓性梗塞:動脈硬化によるプラークが破綻することにより血管を閉塞させる。

≪症状≫

障害される脳の部位により、片麻痺や意識障害など、さまざまな症状をきたす。

≪検査≫

急性期の脳梗塞を判別するためにはMRIを用いるが、まずは脳出血との鑑別をするためにCTを行う。MRIでは拡散強調画像にて梗塞巣の陰影欠損を認める。

≪治療≫

安静、全身管理。

t-PAは発症後4時間半以内にのみ適応がある。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…