全血輸血

保存血では、抗凝固薬および保存液として、CPD液(citrate-phosphate-dextrose)が用いられている。全血輸血の適応は新生児の交換輸血、循環血液量以上の大量出血がある場合などの少数例。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…