全血輸血

保存血では、抗凝固薬および保存液として、CPD液(citrate-phosphate-dextrose)が用いられている。全血輸血の適応は新生児の交換輸血、循環血液量以上の大量出血がある場合などの少数例。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…