全血輸血

保存血では、抗凝固薬および保存液として、CPD液(citrate-phosphate-dextrose)が用いられている。全血輸血の適応は新生児の交換輸血、循環血液量以上の大量出血がある場合などの少数例。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…