出血性大腸炎(Hemorrhagic enteritis)

≪病態≫

薬剤性腸炎であるが、発生メカニズムは明らかになっていない。

偽膜性腸炎が高齢者に多いのに対し、出血性大腸炎は比較的健康な若年者に多い。

≪症状≫

急激に発症する、水様性下痢、腹痛。

≪検査≫

横行結腸を中心とした粘膜に、びまん性発赤、出血、アフタ様びらんをみる。

≪治療≫

原因薬剤を中止すれば、ほとんど自然軽快する。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…