医師の年収

2007年10月24日、厚生労働省が公開した「医療経済実態調査」によると、勤務医(300床の公立病院)の平均年収は1427万円、公立病院の院長は1960万円、開業医(医療法人化した診療所からの給与)は2532万円だった。

2007年10月26日、その発表を受けて日本医師会は、「院長には経営責任があり、経営責任の問われない勤務医と比較するのは不見識」との見解を発表した。

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…