Choosing wisely

Choosing Wiselyキャンペーンは、アメリカ内科医学委員会が創設したABIM財団により2011年から展開された運動である。患者と医師に対して過剰医療についての情報を提供することで、医師と患者との関係を密にし、患者中心医療の推進を目的としている。このキャンペーンにおいて、ABIM財団はそれぞれの分野学会に対し、各分野において過剰医療を行わないための推奨事項を5項目挙げるよう依頼した。各学会よりもたらされた勧告「Five Things Physicians and Patients Should Question(医師と患者が問い直すべき5つの項目)」の一覧はABIM財団のサイトに掲載されている。2013年の段階で参加する医学会は71団体を数え、50学会が約250項目を挙げるところまで拡大した。

またカナダにおいてはChoosing Wisely Canadaとして、カナダ医師会が主導している

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…