主治医

厚生労働省保険局が提唱する概念で、後期高齢者(75歳以上)の患者の健康・病状を集約して把握し、専門的な治療が必要な場合には適切な医療機関に紹介する役割を果たす医師。このような取り組みに対し、診療報酬上の加算が行われる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…