主治医

厚生労働省保険局が提唱する概念で、後期高齢者(75歳以上)の患者の健康・病状を集約して把握し、専門的な治療が必要な場合には適切な医療機関に紹介する役割を果たす医師。このような取り組みに対し、診療報酬上の加算が行われる。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…