暗室うつむき試験

方法

閉塞隅角緑内障の診断のための負荷試験、60~90分暗室でうつむきしてもらう。眠らないよう注意! 水晶体が前方移動し瞳孔ブロックを生じる患者を検出する。 チン小体が脆弱な症例では、水晶体が重力で下降するため陽性となる。

診断

8mmHg以上の眼圧上昇で陽性。 閉塞隅角(症)と診断出来る。

(6mmHg以上の眼圧上昇で疑陽性。)

関連ページ

原発性閉塞隅角緑内障

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…