乳癌

〈概念〉

乳管や小葉上皮から発生する悪性腫瘍。

乳管起源のものを乳管癌といい、小葉上皮起源のものを小葉癌という。

年々増加しており、女性の癌で罹患率第1位、死亡率は第5位となった。

〈好発〉

4060歳代の閉経期前後の女性

〈検査〉

乳房の視診:乳頭陥凹、乳頭分泌(特に血性)、乳頭・乳輪びらん、皮膚の橙皮様変化、陥没、えくぼ徴候(dimpling sign

触診:乳房に腫瘤(しこり)を触知する。

マンモグラフィ:濃淡不均一な腫瘤陰影、辺縁の放射状突起(spicula)、微細石灰化像などを認める。

超音波検査:後方エコーの減弱または消失を伴う不整形腫瘤がみられる。

必要に応じて乳管造影法、乳管内内視鏡、細胞診、MRICTなども行う。

〈治療〉

個々の患者のもつ予後因子、予測因子に基づき、必要なものを、必要な量、適切な順序で適宜施行する。

①手術療法

a.   乳房温存療法

b.   乳房切除術(胸筋温存乳房切除術など)

②放射線療法

③化学療法

④ホルモン療法(タモキシフェン、アロマターゼ阻害薬など)

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…