ANCA

ANCA(抗好中球細胞質抗体)

p-ANCA( perinuclear ANCA、MPO-ANCA)

①蛍光抗体法にて,アルコール固定後にp-ANCA対応抗原は核周辺に移動する,
②対応抗原としては,好中球α-顆粒中のミエロペルオキシダーゼ(myeloperoxidase;MPO)が主。壊死性血管炎などの血管炎を共通の病態とするものがほとんど,
③疾患特異性は必ずしも高くない.治療効果,疾患活動性の指標として有用,

c-ANCA(cytoplasmic-ANCA、PR3-ANCA

①蛍光抗体法により、好中球細胞質全体が染まるものである,
②対応抗原は,α-顆粒中の29kDaのserine proteinase(PR)3である.PR3-ANCA陽性疾患はほとんど(約90%)Wegener肉芽腫症である,
③疾患活動性と相関があり,治療法の効果,変更などを検討するうえで有用,

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…