ANCA

ANCA(抗好中球細胞質抗体)

p-ANCA( perinuclear ANCA、MPO-ANCA)

①蛍光抗体法にて,アルコール固定後にp-ANCA対応抗原は核周辺に移動する,
②対応抗原としては,好中球α-顆粒中のミエロペルオキシダーゼ(myeloperoxidase;MPO)が主。壊死性血管炎などの血管炎を共通の病態とするものがほとんど,
③疾患特異性は必ずしも高くない.治療効果,疾患活動性の指標として有用,

c-ANCA(cytoplasmic-ANCA、PR3-ANCA

①蛍光抗体法により、好中球細胞質全体が染まるものである,
②対応抗原は,α-顆粒中の29kDaのserine proteinase(PR)3である.PR3-ANCA陽性疾患はほとんど(約90%)Wegener肉芽腫症である,
③疾患活動性と相関があり,治療法の効果,変更などを検討するうえで有用,

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…