多発性硬化症(Multiple Sclerosis)

≪病態≫

脳、脊髄において、脱髄性病変が時間的、空間的に多発する。

視神経を初発とすることが多い。

≪疫学≫

中年女性に多い。また、高緯度の寒い地域の方が低緯度の地域より多い。

≪症状≫

球後視神経炎による視力低下

MLF症候群

脳神経症状:顔面感覚低下、眼球運動障害、眼振

小脳症状

脊髄症状:Lhermitte徴候(頸部の前屈により誘発される背部から下肢への電撃性疼痛)、有痛性強直性痙攣

多幸症

膀胱直腸障害

≪検査≫

髄液:蛋白上昇、γグロブリン上昇

MRI:脳脊髄に多数の斑状所見

≪治療≫

急性期:ステロイドパルス療法、血漿交換療法

再発予防・進行防止:IFNβ、IVIG、免疫抑制薬

≪合併症≫

なかなか寛解を得られないため、うつ病を発症しやすく、自殺率が高い。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…