滑車神経

第Ⅳ脳神経 trochlear nerve

神経核は中脳レベル、唯一脳幹の背側より発する。 上眼窩裂から頭蓋を出て眼窩に、上斜筋を支配している。 くも膜下腔を走行する距離が長く、滑車神経麻痺は後天的な複視の原因として頻度が高い。 診断にはParks 3step法を用いる。(ミオキミアとの鑑別に4stepを提唱する意見もある。) ただ斜筋の眼位、眼球運動への影響は小さく、先天性であっても気づかれないことも多い。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…