妊娠線

妊娠による急速な皮膚の進展が原因で見られる長紡錘形の線のこと。
妊婦の下腹部、乳房、大腿、臀部の皮膚に生じる。
妊娠で新たに生じたものを新妊娠線、分娩後に退色して皺になったものを旧妊娠線という。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…