妊娠線

妊娠による急速な皮膚の進展が原因で見られる長紡錘形の線のこと。
妊婦の下腹部、乳房、大腿、臀部の皮膚に生じる。
妊娠で新たに生じたものを新妊娠線、分娩後に退色して皺になったものを旧妊娠線という。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…