妊娠線

妊娠による急速な皮膚の進展が原因で見られる長紡錘形の線のこと。
妊婦の下腹部、乳房、大腿、臀部の皮膚に生じる。
妊娠で新たに生じたものを新妊娠線、分娩後に退色して皺になったものを旧妊娠線という。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…